序説

 

ベトナム鉄鋼コーポレーションとDeltaグループ(オーストラリア)とThep Viet有限責任会社との合弁会社が前身であるVINGAL工業鍍金商品生産株式会社は1995年に設立された。

2012年に市場における競争力を高めるべく、弊社はベトナム鉄鋼コーポレーション、Viet Nga鉄鋼有限責任会社およびThep Viet有限責任会社を主な株主として株式会社化された。

40,000平米の面積とヨーロッパの先進的な機械・設備をもってVingal社は以下3つの主要な事業にて生産し経営している。

1    鋼管生産 : 生産能力30,000トン/年間
2    機械加工 : 生産能力12,000トン/年間

3    溶融亜鉛めっき: 生産能力60,000トン/年間

現場にて鋼管圧延、機械加工と溶融亜鉛めっきの工場を組み合わせることやベトナムでの一番大型メッキタンクという長所は商品のコストダウンと競争力の強化につながる。

ヨーロッパの先進的な機械設備、最新の技術およびIntertek組織(米国)が認定した、ISO 9001:2008の品質管理システムに従った生産過程を合わせることで、Vingalの商品とサービスは国家の重要な工事における品質に対する厳しい要求を応えており、日本、米国、カナダ、オランダ、オーストラリアなど世界の先進国へ輸出している。

「信用―協力して成長しあう」方針で、Vingalはパートナー、顧客に高品質な商品、サービスを提供し、成長の道でパートナーと同行すると約束する。